コワーキングスペースとは?その魅力と選び方の注意点

打ち合わせ

この記事では、コワーキングスペースの魅力と選ぶ際の注意点についてご紹介します。

フリーランスや複数人のメンバーでビジネスを行っている人の中には、カフェや図書館などで作業を行っている人もいるかもしれません。

コワーキングスペースは、作業だけではなくて「共同」という意味が込められています。

その共同の持つ意味と、コワーキングスペースを選ぶ際の注意点について詳しく見ていきましょう。

コワーキングスペースが注目されている理由

コワーキングスペースは、ここ最近注目を集めていて東京や大阪・神戸など都市圏を中心に施設数は右肩上がりに増えています。

注目を集めている理由は、コワーキングスペースが持つ役割と、日本での働き方が徐々に変わってきていることがうまくマッチしていることにあります。

コワーキングを英語で表記すると「Co-Working」となり、この「Co」には共同の意味が含まれています。つまり、コワーキングスペースとは共同で仕事をする空間という意味になります。

コワーキングスペースでは他分野で働く人たち同士が交流できる空間となっているので、新しいビジネス展開にもつながるきっかけ作りの場でもあるのです。

また、近年日本でも専業や副業として個人で仕事をするフリーランスの人口が増えています。

しかも、フリーランスの経済規模が20兆円を突破したという調査もあります。今後もこの傾向は続くと予想されています。

(参考)フリーランスの経済規模が初の20兆円超え、副業経済は8兆円規模へ!
フリーランスの経済規模

個人で活躍する人たちが増えたため、横のつながりが持てるコワーキングスペースが注目を集めているのです。

コワーキングスペースを選ぶ際の注意点

コワーキングスペースは個人で働く人にとっては新しいビジネスチャンスを得られる絶好の空間です。

人から直接得られる情報はインターネットでは知ることのできない貴重な情報だからです。

しかし、そんなコワーキングスペースにもデメリットはあります。例えばセキュリティ面です。

会員なら誰でも出入りできる空間のため、自宅や一般的な会社よりも圧倒的にセキュリティ面は劣ります。人に見られたくない書類やデータは不要に人目のつくような場所に置かないようにするなど、対処が必要でしょう。

また、場所によって話声がうるさいコワーキングスペースなどもあるので、「集中して作業がしたい」という人は、利用前にはどの程度うるさいのか確認してみるのもおすすめです。

まとめ

コワーキングスペースは孤独な作業が多いフリーランスにとっては大きな味方になってくれる空間です。

しかし、人によって「セキュリティ面の弱さ」や「騒音」が気になるかもしれません。人脈を広げる目的と、これらのデメリットを理解して、コワーキングスペースをうまく活用していきましょう。