レンタルオフィスとコワーキングスペースで違う選び方とは

ビジネスマン

小規模でビジネスを始める際に困るのが、事務所などのワーキングスペースを確保することかと思います。

自分の働き方や将来の展望に合わせた場所選びが大切になってきます。

この記事ではレンタルオフィスとコワーキングスペースの違いと、目的に応じた選び方についてご紹介します。

これから事務所などを構えようと考えている人の参考になれば幸いです。

レンタルオフィスとコワーキングスペースの違いとは?

はじめに、レンタルオフィスとコワーキングスペースの違いについて説明します。

まずレンタルオフィスとは、個室空間を借りることができ、その他のコピー機や会議室などオフィスの設備を他の会社を共有しながら利用できるオフィスです。

片やコワーキングスペースは、個室部屋がないのが一般的で、利用者同士での交流を図り、新しいビジネス展開のためのコミュニティ形成が主な目的となっています。

似た言葉にシェアオフィスがありますが、コワーキングスペースとは少し意味が異なります。

シェアオフィスはあくまでも「作業場」という意味合いが強く、コワーキングスペースは、「コミュニティ形成できる場」という違いがあります。

選び方の違いは?

上でご説明した通り、レンタルオフィスとコワーキングスペースに大きな違いがあります。

オフィスを選ぶ際は、自分の働き方や目的などに合わせて選ぶのが重要です。ここからは、上でご説明した違いをふまえた選び方をご紹介します。

まず、レンタルオフィスを借りるのに向いているのは、ある程度会社が大きくなって、複数人で一つの会社を運営している人たちにとって最適といえます。

また、個人で仕事をやっている人でも、「集中できる環境がほしい」「セキュリティが万全な空間がほしい」と思っている人にもレンタルオフィスは向いています。

コワーキングスペースの場合は、様々な分野の人たちと交流する場のため、新しい人脈形成やビジネス展開をしたいと考えている人に向いているかもしれません。

交流を主な目的となっているため、個室空間であることも少ないです。レンタルオフィスよりも安価なので、フリーランスで働いている人は最適なオフィスといえます。

最後に

レンタルオフィスとコワーキングスペースは「働く場」としては同じですが、利用できるサービスや利用目的が異なります。その違いを理解して、自分にあった最適な作業空間をつくっていきましょう。

例えば、普段の作業はレンタルオフィスで作業をして、人脈を広げたいといったときにコワーキングスペースを利用する、そのような使い分けもできます。